ヨンドシーがブライダルの助けに【クオリティの高い結婚指輪】

指輪

プロポーズの象徴

リング

ためになる情報

婚約指輪は、一般にプロポーズの際に男性から女性に贈るものです。結婚指輪と混同されがちですが、結婚指輪は結婚式の際に互いの左手薬指にはめることで永遠の愛を誓うためのもので、男女ペアで用意するものです。婚約指輪はダイヤモンドや宝石などを使い華やかに仕上げているものが多く、結婚指輪は日常生活に不便がないようシンプルなデザインのことが多いです。また、婚約指輪は婚約中にはめているもの、結婚指輪は結婚式の後はめるものと考えられていることが多いですが、実は婚約指輪と結婚指輪を重ねづけするのがセオリーです。ですが、華やかなデザインゆえ、宝石が引っかかってしまったりなど、日常生活に不便がでてしまうこともあるため、ネックレスにして身につけるという女性もいます。

人気の要素

その華やかなデザインから、婚約指輪を日常的に使うのは難しい場合が多いですが、それでもプロポーズのときに婚約指輪をもらえたら女性はとても喜びます。なぜならば、指輪というのは簡単に購入できるものではないからです。高価であることはもちろんですが、サイズを調べる必要もありますし、デザインも多様です。そういった労力を自分のために費やしてくれたことが嬉しいのです。そのため、節約志向がすすむ結婚関連産業ですが、婚約指輪へのあこがれと人気はいまだ高いままです。また、かつては給料3ヶ月分と言われてましたが、そのような高価なものを贈らないといけない風潮は薄れてきています。自分たちらしくがキーワードとなりつつあり、無理のない範囲で結婚というイベントを楽しむカップルが増えているのも、婚約指輪が廃れずに残っている原因の一つでしょう。